2013年02月18日

2/17DDT後楽園大会試合結果

■ダークマッチ
●DJニラ vs 福田洋○
※後付けパーフェクトプレックス(パーフェクトプレックス風にブリッジをして片エビ固め)

試合後、「USAプレ旗揚げ戦にお越しいただきましてありがとうございます」と言う福田に鶴見亜門GMは「今日の試合がプレ旗揚げ戦なんだ。USA興行の参戦選手はまだ発表できないの?」
福田「今日はまだ発表できないです」
GM「マーカス・バグウェルは来ないの?」
福田「FaceBookで申請しているんですけどね」

続いてGMによる前説。
新発売されるグッズの紹介のあとに3/20に「次期KO-D無差別級挑戦権&いつでもどこでも挑戦権争奪バトルロイヤル」の開催、5/19横浜ラジアントホールでのDDT&ハードヒット昼夜興行開催の告知。
次に3/20後楽園大会での平田一喜復帰が発表される。
平田が登場して「デビュー一年半で両膝十字靭帯の手術をして一年くらい欠場させていただいましたけど、復帰してからはぶっちぎったテンションで頑張ります」
GMが「それでは復帰前の仕事として、春夏秋冬を英語で言ってください」
平田「え〜っと、サマー。……スプリング?」

○アントーニオ本多、佐々木大輔、星誕期、火野裕士 vs MIKAMI、マサ高梨、松永智充、遠藤哲哉●
※ダイビングフィストドロップ

■大鷲透&大家健DDT復帰査定試合(この試合に大鷲組が勝利すれば、直接勝利を得た選手がDDTレギュラー獲得となる)
○大鷲透、大家健 vs 高木三四郎、中澤マイケル●
※三四郎のスタナー
試合前にマイケルが「なんでこのカードに僕が入っているのかわからない。会社の意図が見え隠れしている。今日は3人を敵だと思って試合をする。第一、この爆笑王・中澤マイケルがいるかぎりバラエティ担当なんていらない!」と言うが試合直後に三四郎がスタナー。大鷲がエビ固めで勝利。
大鷲が勝利と復帰をアピールするがGMが「そんなんじゃ査定にならないでしょ。大鷲さんもそんなんでアピールしないでください。高木さん、味方を攻撃しないでくださいね」と再試合を行わせる。

大鷲透、●大家健 vs 高木三四郎○、中澤マイケル
※大家の上にマイケルをひまわりボムで叩きつける
三四郎「こんなのやる必要がなかったんだよ!俺達もファンのみなさんも同じことを思ってるよ。おかえり、鷲関!」
大鷲「前回の後楽園大会で人でなしとか銭ゲバとか言ってすいませんでした!これからもDDTのバラエティを盛り上げていきます!」
二人が退場しようとするが、大家が「ちょっと待てよ〜!俺はどうなるんだよ!」と叫ぶとそばにいた木曽レフェリーを捕まえて「こいつがどうなってもいいのか?俺をDDTに入団させろ!」と言うが、木曽レフェリーに投げ飛ばされる。
GMに「大家さん。時間がないので。もういいですか?」と聞かれるが、ユニオン退団で行き先が無い大家は引き下がらない。
三四郎が戻って「今までありがとう」とだけ言って帰ろうとするが、GMの財布を奪い、中から15000円を取り出して「大仁田厚は5万円で新団体を旗揚げした。お前は15000円で新団体を旗揚げしろ!」と手渡す。
GM「それは定期券を買おうと思って……」
三四郎「亜門、これは定期じゃない。投資だ」
GM「こんな奴に投資するバカいるわけないじゃないですか!」
大家は15000円を手に「これで旗揚げしてやる!プロレスをもう一度メジャーなスポーツにしてやる!お前ら俺について来い!」

坂口征夫、●彰人 vs 獣神サンダー・ライガー、高橋広夢○
※フィッシャーマンズスープレックス
試合後ライガーが「征夫!DDTの腐れファンがシングルやれって言ってるぞ。彰人も今日負けて悔しくないのか?お前もシングルやれよ!」
乱闘になると「試合が終わってからの方が元気じゃねぇか。それを試合に出さなきゃ俺達には勝てない」

飯伏幸太、●伊橋剛太、ヨシヒコ vs 石井慧介○、入江茂弘、高尾蒼馬
※ニールキック
元々は「石井に足りないものをヨシヒコに教えてもらえ」ということで組まれたカードだが、試合後に石井が回答を求めるもののヨシヒコは無言。
石井は「高木社長!ヨシヒコ何も教えてくれねぇよ!出てこいよ!」と言うが、GMが「高木さんは知り合いの結婚式があるということで試合が終わってもう帰っちゃったんです。でもビデオレターがありますから」
ビデオレターでは着替え中の三四郎が「ヨシヒコがしゃべるわけねぇだろ!2/24新木場大会でこの人に教えてもらえ!」と本間朋晃とのシングルマッチ決定を告げる。

休憩前に8/18両国大会に佐々木健介の参戦が映像で発表される。

○KUDO、ヤス・ウラノ vs 男色ディーノ●、大石真翔
※ダイビングダブルニードロップ
試合前の映像。控室でディーノと大石が「復帰してまた怪我というのもなんだから、試合は和気あいあいと……」と言うが、KUDOは「そんなの関係ない!俺達がやらないでどうするんだ?お前いくつだ?」
大石「昨日34になりました」
ディーノ「アタシはKUDO君と同い年だから」
KUDO「こいつ(ヤス)は37になるんだよ。俺達がやらなくてどうするんだ?いつやるんだ?……今でしょ」
KUDOとヤスが出て行くとディーノは「私達中堅がトップを狙わないでどうするの。今日は友達のKUDO君じゃなくて一人の敵として試合しましょ」

■KO-D無差別級選手権試合
○ケニー・オメガ vs HARASHIMA●
※片翼の天使
ケニーは試合後、リング外にいたHARASHIMAに「これが最後じゃない。HARASHIMA、強い相手だと思ってる。また次があったらお願いします」
GMが「ここからはちょっとややこしいから」とマイケルにケニーの通訳をやるように支持してから今日のAMGP(亜門が最もグッときたプレイヤー)にKUDOを選定。過去にAMGPに選ばれた大石、ヤス、入江とKUDOの4人で2/24新木場大会でKO-D無差別級次期挑戦者決定トーナメントを行い、その勝者とケニーが3/20後楽園大会でタイトルマッチを行うことを発表。
しかし、ケニーは「対戦したい人がいる。中澤さん、お願いします」と言い出す。
マイケルがケニーの通訳をするが「僕にとって大切な友人で、大切なタッグチームのパートナー。みんなもそいつとの試合を見たいと思っている。次の対戦相手はお前だ。……えっ?俺?」と次期挑戦者に指名されて驚く。
GMも観客も驚くが、ケニーが「次の後楽園で中澤さんとやりたい」と言う。
GM「次はトーナメント優秀者との対戦が決まってるし、マイケルだとちょっと……」
ケニー「ですよね〜。それじゃ、新木場でやりたい。新木場は私にとって大切な場所(来日第一戦が新木場1stRing)。ワンマッチでやりたい」
GM「できるだけ希望は叶えたいですけど、3/1には帰っちゃうでしょ?松井さん。それまでで空いている日があったら会場を押さえてください。でも、なんでマイケルなの?」
ケニー「これまですごい助けてくれたから。友達がいない時に彼がいてくれましたから。全日本に出た時にセコンドについてくれた」
GMは松井レフェリーからの報告で2/28(木)に新木場1stRingでのワンマッチ興行開催を決定し「その勝者が、まぁ、ケニーが勝つと思いますけど、3/20の後楽園大会でトーナメント勝者を挑戦者に迎えてタイトルマッチを行います」と発表。2/24に行われるトーナメント一回戦はKUDOvs大石、ヤスvs入江になることも合わせて発表する。
ケニー「中澤さんとの試合は自分でルールを決めたい。まだアイディアは無いけど。あと、4人様頑張って」
KUDOら4人が退場するとマイケルが「俺が聞きたいんだけど、大丈夫かな?」
ケニー「私が?お前が?」
マイケル「俺が。俺のことを買ってくれるのは嬉しいけど、自信がない」
ケニー「でも、中澤さん、一つのチャンスしかないかもしれないね。今までメインイベントに出られなかった中澤さんにとって最初の、最後のチャンスかもしれない。だから、自分のため、みんなのために頑張ってください。みんなお前のシリアスな試合が見たいと思ってる。お前の100%が見たい」
ケニーが握手を求める。マイケルがそれに応じる素振りを見せるが急所を蹴って巨匠スラム。
マイケル「ケニーありがとう。でも、まだ自信がありません。僕は弱いです。心も弱いです。負け犬です。今までケニーや飯伏さん、ひかるんといったすごい人たちと仲良くさせてもらっているけど、俺は哀れまれているだけなんじゃないか?っていつも思うんです。そんなコンプレックスを捨てたい!友達として肩を並べるようになりたい。だから100%、120%の力を見せてお前に勝つ。覚悟しておいてくれ」
ケニー「コノヤロー!試合のことなんですけど、アイディアが浮かんだ。ラストマンスタンディングでどうですか?」
マイケルが受け入れて退場する。ケニーは自分のエントランステーマが流れる中、中澤コールを要求し、曲に合わせて「ナカザワ♪ナカザワ♪」と歌いだす。
posted by シコシス at 14:57| 神奈川 ☁| 試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。